園長ブログ

NEW

ツバメのあかちゃん

園長ブログ | 

幼稚園玄関の上にいるツバメの赤ちゃん、こんなに大きくなりました。黄色いくちばしが、4つ見えますが、左にもう一羽います。

七夕の夜にはまだ巣の中で、すやすやお眠り。

明日の朝はきっと羽をバタバタさせて、飛ぶ練習を始めるのではないかしら?

image

幼稚園の2歳児保育

園長ブログ | 

五ノ神幼稚園の2歳児クラスには、週1回の親子クラスのころころ組と、お子さんだけで登園するりんご組があります。今まで2歳児は親子で過ごすほうがいいと思っていたのですが、お子さんだけの2歳児保育を始めてみると、案外2歳児のたくましさに感心します。なんでも自分でやりたがる時期、やりたいことだらけの2歳児にとって、安心して動き回れる環境の幼稚園は、生き生き過ごせる場になっているようです。

2歳児保育のいい点は

・友達と体を使って遊べるので、体の発育によい影響がある

・幼稚園児と一緒に遊んでもらえるので、表情が豊かになる

・歌、絵本、紙芝居など、新しい経験ができる

・規則正しい生活習慣がつく

・言葉の発達が促される

・順番を待つなどの社会性が身につく

・トイレトレーニングがスムーズ

などの利点が見いだせます。もちろん長時間預かりすぎないことは大切です。この時期には、お仕事と子育ての時間配分を大切にできるといいですよね。母子関係が良好になるように配慮し、五ノ神幼稚園の2歳児保育は5月から、まずは親子で、慣れたら11時半までお子さんだけで、9月からお弁当や給食を食べて2時までと、徐々に時間を長くしていきます。先生との信頼関係ができてきて、お友だちとも仲良く遊び、大きい園児たちにあこがれ、お母さんがお迎えに来てくれるととても喜ぶ、たいへん素直な明るい子どもたちです。

親子で登園するころころ組は、親子で幼稚園の先生とのんびり、楽しく、とてもいい時間を過ごしています。この姿も本当にいいと思います。お子さんの様子を見ながらクラスを選んでほしいと、楽しく見守っているこの頃です。

核家族で助けてくれる人が近くにいないと、母親だけで子育てするのは確かに大変です。幼稚園も家庭で子育てをしているお母さん方が、子育てしやすくなり、お子さんをしっかり育てるお手伝いができて、より良い方向に向かうような幼児保育を模索しています。

年中組 園外保育

園長ブログ | 

6月10日(金)  青空の下  お弁当を持って幼稚園バスで ムーミン谷にお出かけしました。 ムーミンはどこに隠れているのかしら?  ムーミン屋敷を探検しながらあちこち捜しましたが??

どこにいるのかわからないんですよねぇ

どこにいるのかわからないんですよねぇ

園庭開放

園長ブログ | 

6月2日の園庭は、たくさんの未就園児のお子さんでにぎわいました。

2歳や1歳の小さいお友だちですから、やりたいことを探して園庭で自由に遊んでもらいます。

園庭にはうちわの制作コーナーやシャボン玉コーナーがあって、お母さんと一緒に牛乳パックのうちわを作る子、シャボン玉のストローを一生懸命に吹く子、風に乗ってふわふわ飛んでいくシャボン玉を見ている子、飛んできたシャボン玉を追いかける子、砂場でシャベルやコップで遊ぶ子、三輪車や自動車に乗って押してもらっている子、SLのベンチでゆったりしている子、滑り台を何度も滑っている子・・・それぞれ好きなところで好きなことをして遊んでいます。もちろんお母さんが一緒ですから、安心して遊びに没頭できますね。

園庭にはキャンバス画のコーナーもあって、絵の具で色々な色を楽しんで描くこともできます。

遊び疲れておなかもすいてきたころ、軽快な音楽が聞こえて来て、みんなで体操、イチ・ニッ・サン。たのしかったねぇ・・・そんな感想をもらしながらお帰りする人も。お昼の用意をしてきた人には、ころころのお部屋でお弁当を食べてゆっくりしてもらいました。

2歳児は第1次反抗期といわれるように、自分の思いを強く出す時期ですから、お子さんが思い通りに遊べる環境で、制限せずに元気に遊んでほしいですね。自分の思いが満足すれば、お母さんの言うことも素直に聞き入れてくれます。体をたくさん動かして遊べれば、食欲も出て、お昼寝もぐっすり。いい習慣ができますから、次回もどうぞお出かけください。

次回は6月15日(水)施設見学会もあります。

プールの季節 年中組

園長ブログ | 

爽やかな風、明るい陽射し🎏 こいのぼりも元気に泳いでいます🍒

先週からプール指導が始まりました💦  3月までは年少さんだったのに🐥  年中さんになったら果敢にチャレンジ🌻  顔に水がかかっても我慢🐬  飛び込んだり潜ったり🐬  年中さんの頑張りをご紹介しますね

プールの季節 年長組

園長ブログ | 

爽やかな風と明るい陽射し🎏  屋根より高いこいのぼり🎶も泳いでいます🎏🎏

幼稚園のプール指導が始まりました 💦  曇っていても肌寒い日でも温水プールだから大丈夫‼️

プールで頑張る年長さんをご紹介しましょうね🏊

 

 

ムービーはこちら>

 

年少さん初めて散歩

園長ブログ | 

快晴の今日、輝く光を浴びて、年少さんがサクランボ狩りに出かけました🍒  2人ずつ手をつないで、👫サクランボの所まで5分🐶  上手に歩けたね

image

先祖還りしたさくらんぼ

園長ブログ | 

image

この木は元サクランボです♪以前は素晴らしくおいしいサトウニシキがなりました🍒  

ところが、いつの間にか先祖返りして、何の木⁉️ かわからなくなっていたのですが、先日ホームページを見て、「そんなばかな・・・」と、ある人が調べに来てくれました。そしてついにこの木が「ウワミズザクラ」という木であることが判明しました! 接ぎ木をする前の親木に戻ってしまったのですね🍒🍒🍒

image

今のサクランボはこの木です♪  先祖返りしないように枝を切らずにいますから、大きく枝が広がっています。お陰様で園児たちがサクランボ狩りをするのにとてもいいですよ🍒🍒🍒

さくらんぼ

園長ブログ | 

今年もさくらんぼの季節が巡って来ました。幼稚園のさくらんぼの木には真っ赤な実がたわわに実っています。お天気が良ければ、明日から摘み取ってみんなでいただきましょう!

image

 

我が家のさくらんぼは、幼稚園の木より一足先に完熟となり、今日は運転手さんたちがたくさん採ってきてくれました。給食のデザートに「いっぱいちょうだぁい」「たくさんおかわりしてね」

働きながらの子育て

園長ブログ | 

私が若いころ、女性は結婚したら主婦になる人がほとんどでしたが、私は自立して仕事を続けたいと考えていました。当時は仕事をしながら子育てをするには、学校の先生になるくらいしか選択肢はなかったのですが、私は学校の先生にはなりたくなかったので、高校で色々考えた末に、語学を勉強して通訳になれば、自分で仕事を選べるでしょうから、子育ての時期は自宅にいることができると考えて、中国語を専攻しました。なぜ中国語だったかといえば、高校の英語の先生が「あなた、これからはアジアの時代よ!」と私に言ったからです。英語と中国語ができれば、世界で大半の人と話が通じるでしょうから、それならば中国語を専攻しましょうと、簡単に決めました。「子育ての時期は、自宅で翻訳などをしながら子どもと過ごせたら・・・」漠然と将来の生活をイメージしていた高校生の私でしたが、実際には両親が始めた幼稚園の後継者として就職し、生まれた子どもたちは、生後3か月になるかならないかで保育ママや保育園に預けて働かなければなりませんでした。そのころ私がつくづくと思い知ったことは、働きながらの子育てのしわ寄せは全て子どもにかかってしまうということです。子どもは親の言うとおりにしかできないのですから・・

働きながらの子育てを奨励している現在ですから、働くお母さんはとても増えてきましたけれども、お子さんが小さいときには、働き方の見直しを「子ども中心」にしてあげないと、取り返しのつかないしわ寄せを子どもにしてしまうことを危惧しています。

お母さん方にお仕事よりもお子さんを優先して!と願うのはそのためです。

ページの先頭へ