園長ブログ

NEW

昨日と今日はお遊戯会

園長ブログ | 

昨日は年少組のお遊戯会、今日は年中組のお遊戯会でした。両日ともピカピカのお天気🌞風は冷たくても幼稚園の園庭はポカポカ、お父さん、お母さんはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃん達も楽しみにして、大勢の人が見にきてくれました。熱気いっぱいの会場で大張り切りの子供たち!可愛い演技、綺麗なハーモニーを奏でるハンドベルやメロディオン、とても素敵なお遊戯会でした😀 夢中で見ていて写真を撮るのはすっかり写真屋さんにお任せしたので、今度写真を載せますね。ご家族の皆様、応援ありがとうございました👏🏻 お手伝いのお母様方、沢山のご配慮をありがとうございました。水曜日は年長組のお遊戯会です。ぜひ見にきてくださいませ

今日はらんらん祭りでした

園長ブログ | 

太陽が出ないと肌寒いこの頃ですね〜 今日は曇り時々薄日で過ごしやすかったので、らんらん祭りは大賑わい😀 卒園児もたくさん来てくれました。みんな楽しみにしている行事、家族でゆっくり楽しく過ごせていただけた事でしょう。父母会さんおつかれ様でした。お父さんの会の皆様も、ありがとうございました。幼稚園の行事はやっぱりいいですね〜

運動会 先生たち その2

園長ブログ | 

運動会の先生たち

園長ブログ | 

快晴の青空の下で楽しみにしていた運動会!ピカピカのお日様、たくさんの拍手、とっても元気な運動会でした! 主役の子どもたちは大張り切り、おうちの皆様のカメラも我が子の顔にズームアップ!

そこで私は、先生たちの嬉しそうな様子を写して見ました。

img_3921 img_3930 img_3941 img_3942 img_3958 img_3971 img_3973 img_3984 img_3986 img_3989 img_4004 img_4009 img_4010 img_4013 img_4031 img_4035 img_4039 img_4041 img_4048 img_4055 img_4056 img_4064 img_4069 

担任の先生もフリーの先生も、張り切って楽しい運動会ができました!みなさん、今夜はゆっくりしてくださいね。

推して知る その2

園長ブログ | 

「推して知るべし」推し量ればわかるでしょう?と言われても、なかなか難しいですよね。

最近は「言葉に出して言わなければわかりません」という西洋的な感覚が多いので、いわゆる「日本的な奥ゆかしさ」が懐かしくて書いてしまいました。「男は黙ってサッポロビール」懐かしい宣伝がありましたね。今は「おいしいかどうか言ってちょうだい!」と怒られてしまいそうです・・・

幼稚園の教育には、先生が指導する側面(いわゆる一斉保育)と子どもが自発的に行う側面(いわゆる自由遊び)とがあります。クラスで先生が子どもたちに指導した内容を子どもが自発的に繰り返してくれれば、その指導は大成功と言えます。自発的に繰り返す中で、指導内容が身につくからです。

子どもが自発的に繰り返すのは、面白いから、楽しいから、興味があるから、不思議だから、やりたいから・・・

もともと子どもが自然と面白がって行う砂遊びや粘土、お絵かき、おままごとなどは、いつも身近にあって遊べる環境にしてあげたいですよね。歌を歌うことも自然なことで、お母さんの歌やテレビなどを聴いて自然に声を出して歌います。幼稚園では、そこに音程の確かさやリズムの速さなどを伝えてあげて、なおきれいな声で上手に歌えるようになります。この部分が、興味を持たせながらの指導となるわけです。

言葉の習得も同じですよね。周りの人の言葉を聞きながら、いつの間にか話せるようになってきます。幼稚園では、「ほかのお友だちと話す」「みんなの前で話す」「覚えた言葉を話す」ことで、さらに言葉を明瞭にし、語彙を増やしていきます。幼稚園にいるときは、人の言っていることをきちんと聞こうとする意識(集中力)が育っていくので、課題として取り組めることが増えてくるのです。良質な子ども集団を作るうえで、大事な点だと思っています。

推して知る

園長ブログ | 

昔から「推して知るべし」と言う言葉があります。一つ一つ云われなくても判るはずですよーという意味です。

ごのかみ幼稚園は幼児期のお子様に「これはいい!」と思えることをすべて実践して来ました。

「自由遊び」では「子どもが自分からやりたい事を見つけること」「子どもがやりたい事を繰り返し行う自由な時間を保証すること」「やりたい事が見つけられる魅力ある環境を園庭にも室内にも整える事」等々

動物を飼育するなら「本物の動物に直接会えること」「動物の気持ちをわかろうとするきっかけを作ること」「動物のエサを子どもが用意すること」「動物のお世話を先生と一緒にして生きている動物に愛着を持つこと」等々

ご家庭で大切に育まれているお子様が幼稚園の教育的環境の下で、更により良い発達を遂げていくために、「子どもにとっていいこと」を惜しげなく取り入れて来ています。

設定保育(課題を持った指導の時間)でも同じ事ですね。ここで「推して知るべし」が生きて欲しいのですよー(続く)

働くママも安心!幼稚園の預かり保育

園長ブログ | 

ホームクラスは、五ノ神幼稚園の預かり保育のクラスです。夏休みも毎日、朝の7時半から夕方6時半まで保育しています。

幼稚園でも、働くママの子育て支援を保育園と同じように行っていますから、働くママも安心してお子様を預けられます。2歳児のお子様には、りんご組(2歳児のお子様のクラス)といちご組(3歳のお誕生日を迎えた満3歳児クラス)があります。同じ2歳児のお子様が親子で過ごす、ころころ組もあります。ご家庭のご都合に合わせて、どのクラスでも選べます。

園庭開放も8月31日(水)午後1時~2時、楽しい企画を用意していますよ。小さな赤ちゃんでも遊べますから、ぜひのぞいてみてくださいね。

噂の真相

園長ブログ | 

暑中お見舞い申し上げます

今日は、暑いですねぇ~ 

園庭ではホームクラスのお友だちが、バシャバシャと気持ちよさそうに水遊びをしています。

夏休み中も、幼稚園にはホームクラスに毎日50人前後のお子さんが来ていて、とても賑やかなのですよ。

ところで、驚いたことに、この頃ごのかみ幼稚園について、気になる噂が流れていると耳にしました。「しょっちゅうランチ会があるそうよ」「ママ友とランチに行かないと仲間外れにされるらしいわよ」など・・・

幼稚園のお母さんたちに聞けば、「親睦会の後に、ちょうどお昼だから一緒にランチしましょう」「参観の後に、クラスのみんなで行ける人は行きましょう」とかはあるけど、「一緒に行かなくてはだめ!」とか「なかまはずれ?!」は「ありえな~い!!」と言っています。

私も「そんなことはありえない!」と断言できます。なぜなら、ごのかみ幼稚園のお母さんたちは、お子さんの成長にしっかりと向き合っている方々だからです。お子さんの健やかな成長を願う親が、他人の悪口で盛り上がることを良しとするでしょうか?他人の陰口を言えば、自分に返ってくることに気づかないでいられるでしょうか?

お母さんたちは、お仕事をしている方も大勢いますし、赤ちゃんを育てるのに忙しい方も多く、それほど暇ではないのです。そんな中でも時間をやりくりして「この日は参観に行ってあげましょう」「たまにはランチを一緒にしたいわね」となるわけで、園児数が多いため、あちこちにお母さん方の楽しそうな姿を見かけた人が、憶測で流す噂なのでしょうか?なぜなら幼稚園に在園している人からは、だれも聞いたことがないからです。

入園する前には、様々な噂話が飛び交うのでしょうが、実際に在園している方からの正確な情報を、ぜひ直接聞いてみてくださいね。

継続は力なり!

園長ブログ | 

ゴーゴースイミングの短期教室も今日で終わり、水慣れがぐっと進んだり、目に見えて泳ぎが上手になったお子さんもたくさんいるようですね。もしも水を飲んで怖かった経験をした人がいるとしても、あきらめずにまたプールに行って挑戦してみてね。夏の水泳教室は、冷たい水が心地よさそうで、参加できない身には、うらやましい限りです。

ところで、昨日はとてもうれしいことがありました。2年生からゴーゴースイミングに来ていて、今年中学生になったK君のことです。K君は自閉的で、水に慣れるのにとても時間がかかっていました。2年生の時は、プールに足だけつけたらもうおしまい、次の週は水に入るだけ、ちょっとだけ顔に水をかけてみて・・など、1年間かかって少し水慣れができたかしら?コーチもどこまで強制したらいいのか、何を使って興味を引いたらいいのか???試行錯誤の毎週でしたが、お母さんはとても熱心に、少しでも体を動かしてほしい、少しでも水を好きになってくれればと、粘り強く通ってくれました。

ビートバンにつかまって少し浮けたね、今日はバタ足ができたね、一つ一つの変化をしっかりと認めてあげながら、5年生ごろには水中に潜れるようになり、潜れるようになると、かなり積極的に水中のリングなどを自分から拾うようになり、「よかったねぇ」と思いながら、しばらく私はご無沙汰していました。

そして昨日、ふとプールに立ち寄ると、K君のお母さんがギャラリーに座っていました。「K君もう中学生ですね。どうですか?」とプールをのぞくと、K君が猛スピードでクロールを泳いでいるではありませんか!あっという間に15メートルを泳ぎ切るK君!「あらっ!いつの間にこんなに上手に??」

びっくりしましたねぇ。K君は今ではプールが大好きで、毎週喜んで通っているとのことです。6年前の2年生、3年生のころ、本当におっかなびっくりだった姿からは、想像できないほどの上達ぶりです。「継続は力」まさにその通り!スモールスッテプでもあきらめないこと、続けること、結果をすぐには求めないこと。大事ですね!プールのコーチの粘りにも感謝!感謝!

K君、これからもプールを楽しんでね。

自主参加ということ

園長ブログ | 

夕涼み会では、毎年同じ盆踊りの曲を2曲踊っていますので、みなさん覚えてくださって、お子さんと一緒に手を動かしてくださるお父さん、お母さんが増えているように思います。ママ太鼓のレベルもどんどん向上していますし、お父さんの会のソーラン踊りも切れのいい動きが気持ちよく感じられます。

ママ太鼓やお父さんの会は、保護者の皆様が自主的に参加して、みなさんで楽しんでくださっています。「自主的に参加」する雰囲気が、ごのかみ幼稚園の特色のように思います。保護者の皆さんがご自分で考えて、できる範囲で参加する、忙しい中でも少ない時間をやりくりしながら参加する。こういった自主参加の気持ちがあることと、自主参加できるイベントがあること、そこに親が参加することで、お子さんとの結びつきがより深まり、保護者同士も親密度が増すこと、今年の夕涼み会では、笑顔がはじける保護者の皆様を見ながら、そんな感想を持ちました。

地域とは、お互い顔見知りの人が協力し合うところ、そのような関係性をいうのでしょう。幼稚園が地域の子育てをより良いものにしている姿がここにも見えていると思います。

ところで、7月9日(土)は、天気予報で絶対雨と信じてしまい、早々に日曜日に延期の結論を出してしまいました。ところが!驚いたことに2時ごろから薄曇りになってきて、あれっ?やればできたのかも?という残念な結果に・・・でも、肌寒かった土曜日に比べて、翌10日の日曜日は朝からいいお天気!やっぱり夕涼みですから、暑い日の夕方でなくっちゃね。夕焼けや三日月も見えて、涼しい風が心地よく、元気いっぱいの夕涼み会ができました。日曜日に延期で、ちょっと大変だった方もいらっしゃるでしょうが、たくさんのご協力をありがとうございました。

ページの先頭へ